ライザップ8万人の会員がコミットした理由

ライザップで産後ダイエット!授乳中でも通える理由とは?

 
 
 
産後に体型が変わってしまって旦那さんの寒い目が気になっているあなた。かわいい子供を産んだ代償なので仕方ない部分もありますが、一児の母になったとはいえ、まだまだ自分の体を諦めることが出来ないし、なんとかして痩せたいですよね。

 

 

ライザップで産後ダイエットは可能なのか?

 

 

でも授乳中は赤ちゃんの栄養も考慮しないといけないので、食事の管理が難しく、どうしても食べすぎになりがちです。また妊娠中は運動があまり出来ないので筋力が落ちてしまい、落ちた分は脂肪になってしまいます。「筋力トレーニング」と「食事のコントロール」でピーンとライザップが頭によぎったけど、産後はデリケートな時期なので、本当に通えるのかどうか、不安ですよね。

 

 

産後ダイエットをライザップでする??心配事がたくさん・・・

 

 

 

きっと、ライザップを検討しているあなたの頭の中には以下のような心配ごとがあるのではないでしょうか。

 

 

1.産後いつからライザップに通えるの?
2.子供の面倒を見てもらえるの?
3.授乳中だけど食事制限は問題ないの?

 

 

 

本記事では、上記の心配ごとについて1つずつ答えていきたいと思います。できるだけ分かりやすく書いたので、あなたの心配事が1つでも解消してもらえるとうれしいですね。

 

 

ライザップの産後ダイエットはいつから開始できるのか?

 

 

妊娠中から産後太りを気にされていた場合、いくつかトレーニングジムを調べたりして万全の状態を作っていたかもしれないですね。その心掛けは重要ですし、良い事なんですが、産後のあなたの体はデリケートな状態になっているので、ライザップを始めるタイミングは気をつける必要があります。出産しちゃえば問題ないんじゃないの?っと考えている方もいらっしゃるかもしれませんが、それは大間違いです。

 

 

例えば、子宮が元に戻ろうとするので、後陣痛と呼ばれる痛みが出ることがありますし、お腹の中の赤ちゃんを支えていた骨盤が元に戻ろうとする際に起きる痛みなど、肉体的なストレスや産後うつと呼ばれる精神的に不安定な状態になりやすくなります。

 

 

ライザップの場合、通常分娩であれば2か月後受け入れてくれますが、個人差もありますので余裕を持って参加するようにしましょう。また、帝王切開の場合は体を切って手術をしているので、6ヶ月後からの受け入れが目安になっているようですが、こちらもあくまで目安なので、自分の体調と相談して決めるようにしましょう。

 

つまり、明確に産後いつからライザップに通えるのかということは、人によって変わるので、基準程度に考えておいてください。

 

 

通常分娩:出産後2か月以降
帝王切開:出産後6か月以降

 

 

また、産後太りの影響で出来た脂肪は、流動性脂肪と呼ばれていて、通常の脂肪よりも痩せやすい性質をもっています。しかし、時間が経過すると通常の脂肪に戻ってしまう為、産後6か月までが痩せるチャンスと言われています。また、骨盤が柔らかい、授乳中で消費カロリーが高いというメリットもあるので、体調に問題ない場合は基準の期間を目安にカウンセリングを受けに行ってみましょう。

 

 

産後ダイエット中にライザップは子供の世話はしてくれる?

 

実はライザップには「ライザップママ」というお母さん専用のライザップもあるんですが、残念ながら都内に1店舗あるだけで、また通える人が限られているのが現状です。ライザップママであれば、専用の託児所があるので、小さなお子さんがいても安心してトレーニングできますが、通常のライザップ店舗はまだその用意はありません。需要が高まれば、ライザップママの店舗も拡大されるとは思いますので、今後に注目ですね。

 

 

※ちなみにライザップママは田園調布駅付近にあります。

 

>>ライザップママについてはこちら

 

 

田園調布付近にお住まいの方ならライザップママをおすすめしたいところですが、通える方は限られていますよね。しかし、託児所が無いからといって、諦めるのは早いです。

 

 

ライザップ店舗自体には託児所はないですが、これを機に別途託児所を探してみてもいいですし、両親と住んでいる方はトレーニング中だけ面倒を見てもらうっていう選択肢もありますよね。旦那さんとお子さんだけで住んでいる場合も、週二回のトレーニングのうち、旦那さんが休みの日に1日、平日のうち1日だけ早めに帰ってきてもらって、夕方からトレーニングっていうのも可能です。その分、別の日に家族や旦那さんへのフォローは忘れないようにしましょうね。

 

 

厳しい言い方になりますが、時間がないからトレーニングにいけないというのは言い訳にすぎません。みんな忙しい中、時間を自分で作って理想の体を作ろうと頑張っているので、あなたも出産後でお子さんのお世話もあり忙しいのは分かりますが、普段の生活時間で短縮できる所などを洗い出して、時間を捻出できるか検討してみましょう。

 

 

一番の心配事!授乳中に糖質制限ダイエットは可能なの?

 

 

おそらく、あなたはこの点について一番心配していたのではないでしょうか。そう、授乳中にライザップの食事制限を行っても大丈夫なのか?という点です。自分の体だけならまだ調整はできると思いますが、授乳中の場合はお子さんの成長にも影響してくるので、デリケートな問題ですよね。授乳中のライザップに関しても、個人によって差があるので、様子を見る必要はありますが、ライザップでは授乳中の入会者には食事制限についてしっかり考慮してくれます。

 

 

具体的には、一般的な入会者には、炭水化物は控えるように指示がありますが、授乳中の場合は「状況に応じた」糖質制限をプロの栄養士さんが考えてくれるので、逆に健康的な食事が出来るという口コミもあるくらいですね。「状況に応じた」とは、具体的には以下のような状態です。

 

 

・母乳中心の場合。糖質制限はせずに、健康的な食事メニューを提案
・母乳と離乳食の半々。個人の状態にあった適切な糖質制限を提案
・完全離乳食。特に問題無ければ通常の糖質制限を実施

 

 

上記は参考例なので、詳細はカウンセリングの時に授乳中である旨をカウンセラーに伝えると、具体的なトレーニングメニューや食事制限について提案してくれます。もちろん入会後に随時内容は変更可能なので、トレーニング中に授乳状態が変わった時も相談可能な点は安心ですね。

 

 

つまり、ライザップの場合はプロの栄養士の元、授乳中のママ一人一人に合った食事メニューを提案してくれる環境が整っています。一般的な食事制限を無理やりさせられることなく、痩せられるのはうれしいですね。

 

 

ライザップの産後ダイエットで出産前に体型に

 

 

結論に入りますね。

 

 

産後にライザップに通えるかどうかは、あなたの生活環境にも影響する部分もありますが、十分可能であることが分かってもらえたかと思います。特に授乳中でも問題なく通える事が分かれば、託児所を探したり、家族に面倒を見てもらう選択肢も検討しやすくなりますよね。

 

 

ただし、実際にライザップの環境に触れて見ないと分からない部分はたくさんあると思いますので、1度無料で受けられるカウンセリングに行ってみることをおすすめします。子供連れでもカウンセリングが受けられるようですが、店舗によって異なる可能性があるので、念のため予約時に確認しておくようにしましょう。

 

 

無料カウンセリングで産後に入会しても問題無いかについても、実際にカウンセラーやトレーナーの方から話を聞いた方があなたの安心感も高まると思いますし。

 

 

以下のリンクから予約可能です。出産前のきれいだったあの自分の姿に戻れるかどうかは自分次第ですよ。

 

 

>>出産前の姿を「過去の栄光」にしたくない方はこちらから